日本消化器内視鏡学会東北支部
第150回東北支部例会


第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会のご案内

第150回日本消化器内視鏡学会東北支部例会を下記のとおり開催いたします。会員の皆様の多数のご参加、ご発表をいただきますようご案内申し上げます。

 

会長:木内喜孝(東北大学病院 消化器内科・保健管理センター)
会期:平成25年2月8日(金)
会場:仙台国際センター
   〒980-0855 仙台市青葉区青葉山無番地 TEL: 022-265-2211


HPのアドレス:http://www.tohoku-kyoritz.jp/150jges-tohoku/


演題募集期間:開始日:平成24年10月17日(水)
締切日:平成24年11月21日(水)正午
    平成24年12月 3日(月)正午
    演題募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

応募方法:ホームページよりオンライン登録

 

内容:
◇シンポジウム(公募)
 テーマ:「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療の現状と問題点」
 司会
  小池智幸(東北大学病院 消化器内科)
  三上達也(弘前大学医学部附属病院 光学医療診療部)
 基調講演 講師
  藤城光弘(東京大学附属病院光学医療診療部 部長)

 

“抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン”が、日本消化器内視鏡 学会、日本循環器学会、日本神経学会、日本脳卒中学会、日本血栓止血学会、日本糖尿病学会と合同で作成され、日本消化器内視鏡学会雑誌7月号に発表された。今回のガイドラインは、抗血栓薬の休薬による消化器内視鏡後の出血予防を重視したものではなく、血栓塞栓症の誘発に配慮して作成されている。しかし、各ステートメントに
関してはエビデンスが低く推奨度の低いもの、エビデンスレベルと推奨度が食い違うものがあるのも現状である。
 本シンポジウムでは、この新ガイドラインに従って診療を行った場合の現状、問題点について明らかにしていきたい。抗血栓薬服用者に対する通常内視鏡検査から内視鏡治療時の対応まで多数の演題応募を期待する。

 

◇ワークショップ(公募)
 テーマ:「消化管狭窄に対する内視鏡治療」
 司会
  遠藤克哉(東北大学病院 消化器内科)
  遠藤昌樹(岩手医科大学医学部 消化器・肝臓内科)

 近年、消化管狭窄に対して内視鏡が果たす役割が非常に大きくなってきている。しばしば経験される消化管狭窄病変として、食道癌手術・放射線療法・ESD後の食道狭窄、胃、十二指腸の良・悪性狭窄、消化管切除術後の吻合部狭窄、炎症性腸疾患に伴う消化管狭窄、進行大腸癌による大腸狭窄などがある。これらに対し、バルーン拡張術、ステント留置術などの内視鏡治療が行われる。最近、バルーン拡張術については、再狭窄を予防する手技の工夫や補助療法に関する議論が多い。ステント留置術については、胃、十二指腸ステント、大腸ステントの保険認可以降、施行症例数の増加が目立っている。治療効果、安全性、手技の工夫など今後明らかにされるべき点が多い注目の治療手技である。
 本ワークショップでは、各施設の狭窄病変に対する内視鏡治療成績を発表していただき、治療成績向上のための工夫、安全性確保のための注意点などについて議論したいと考えている。

 

◇一般演題(公募)

 

◇第6回プレナリーセッション(公募)
 テーマ:「めざせ消化器内視鏡専門医」
 消化器内視鏡専門医をめざす若手医師(研修医・専修医)を対象としたプレナリーセッションを企画しました。 これから消化器内視鏡専門医をめざす医学部卒後5年目までの先生方を筆頭演者として、演題を募集します。 優秀演題5題につきましては、学会当日に評議員会の席上で発表者を表彰いたします。奮ってご応募下さい。
 司 会:小原勝敏(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部)
     木内喜孝(東北大学病院消化器内科・保健管理センター)

*11月21日現在、プレナリーの応募演題数が4題です。チャンスです!
多数のご応募ありがとうございました

◇特別セミナー
 司会:下瀬川徹(東北大学大学院医学系研究科 消化器病態学分野)
 講師:藤原靖弘(大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学)

 「難治性GERDの病態と治療戦略」

 

◇ランチョンセミナー
 司会:小原勝敏(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部)
 講師:渡辺憲治(大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学)
 「内視鏡を中心としたクローン病の診療戦略」

 

学会事務局:東北大学病院 消化器内科・保健管理センター
      〒980-8576 仙台市青葉区川内41 保健管理センター
      TEL:022-795-3470 / FAX:022-795-3146
      担当:遠藤  克哉、志賀  永嗣  担当秘書:相澤  恭子
      E-mail: ykinouchi@m.tohoku.ac.jp

運営事務局:株式会社東北共立
      〒982-0001 仙台市太白区八本松2-10-11
      TEL:022-246-2591/FAX:022-246-1754
      担当:小足(こあし)  賢一、大槻  喜之
      E-mail: jges150@tohoku-kyoritz.co.jp